重症花粉症治療の新しい治療薬としてゾレア®皮下注射があります

2020年より、重症・最重症のスギ花粉症に対して、2月~5月に抗IgE抗体オマリズマブ(ゾレア®)を皮下注射する治療(保険適応)を行うことができるようになりました。

当院ではこのゾレア皮下注射による加療も実施しています。

ご希望の方は診察時に医師にご相談ください。

ゾレア

ゾレア®皮下注射って何?

これはスギ花粉に対するIgE抗体と結合し、アレルギー反応を引き起こすヒスタミン、ロイコトリエン、サイトカインなどの産生・放出を抑えることで症状を改善させます。

スギ花粉症によるくしゃみ・鼻みずがとまらない・鼻がつまるといった鼻炎症状が飲み薬、点鼻薬などでもおさまらず、1日中花粉症で悩んでいる方、また、内服薬の眠気が強く、より強力な効果が期待できる薬剤に変更・増量できないために花粉症症状がおさまらない方にとっては、検討する価値の高い治療です。

●適応基準や費用について

対象は12歳以上で、4週間ごと(又は2週間ごと)に注射します(2-5月に行います)。
(スギ花粉飛散時期が治療期間として限定されます。)

②今シーズン、従来の治療法(抗ヒスタミン薬など)で1週間以上治療し、コントロール不良な方が対象となります。

③治療の前に、採血検査により総IgE値とスギ特異的IgE値を測定する必要があります。
(直近の総IgE値と体重で投与量が決まります。総IgE値が異常高値の場合や、スギ特異的IgE値がClass 2以下の場合は適応となりません)

④費用はゾレア®︎の薬剤費のみで1か月あたり、3割負担の方で約4444円〜69953円かかります(投与量・回数によって金額が変わります)。その他、受診、検査にかかる費用、同時に服用し続ける必要のある抗ヒスタミン薬の処方費がかかります。

小児は12歳以上が適応ですので自治体によってはこども医療費などの医療費助成が受けられます。

⑤効果はそのシーズン限りとなります。そのため、ゾレア®の適応となった重症花粉症患者さんは、6月以降になればスギ舌下免疫療法を考えてみましょう。舌下免疫療法はスギ花粉症に対する唯一の根本治療です。

●ゾレア®皮下注射のメリット

「スギ花粉飛散時期に内服薬、点鼻薬でなかなか効かなくて、毎年非常につらい方、2〜3月に受験を控えるお子さん、就活、外での仕事が多い方にとっては大きな助けとなる可能性がある治療です」、

「これまでの治療法で効果がなかった患者さんにも改善が期待できる」

「効果持続時間が長いため、薬の投与頻度が少なくてすむ」

●副作用について

稀ではありますがアナフィラキシーショックを引き起こす可能性があるため(国内の臨床試験ではアナフィラキシー発現者はいませんでしたが、海外の喘息を対象とした臨床試験では、成人で0.1%、小児で0.2%にアナフィラキシーが生じています(ノバルティス社ホームページより))。

主な副作用は、注射部位の赤み・かゆみ・腫れです。また、わずかながらアナフィラキシーショックを引き起こす可能性があるため、初回投与後は院内で30分間待機して頂き経過観察を行います。

他に、同じく発生頻度は低いですが、めまい、疲労、失神、傾眠といった副作用も報告されています。

●当院における治療の流れ

①1回目の受診
問診をして、重症または最重症のスギ花粉症であるかどうか診断します。場合によっては、症状が副鼻腔炎などの他の病気によって引き起こされているものではないかを、レントゲンやファイバースコープ検査などで確認することもあります。

1週間以上、 既存の治療(抗アレルギー剤、鼻噴霧用ステロイド剤など)を行います。

②2回目の受診
1回目の受診時に行った既存の治療の効果を確認します。効果が悪ければ、ゾレア治療の適応となりますので、投与量決定のための血液検査(総IgE測定)を行います。

③3回目受診。場合により電話再診
約1週間後に採血結果を確認して、投与可能かどうか、投与量と投与間隔が決まります。ゾレアの適応の有無をお伝えします。 適応のある方はこの日に価格と投与の通院間隔(2週間毎または4週間毎)もお伝えします。予定通りゾレア治療をご希望される場合は予約日の調整をさせていただきます。

④4回目の受診(ゾレアの投与日)

ゾレア®の注射を開始

予約日に受診していただきゾレア治療の最終確認とゾレアの投与を行います。

投与数日後~2週間後に効果が出始め、効果の持続期間は1ヶ月と言われています。