はな(鼻)

鼻炎  副鼻腔炎(ちくのう症)

鼻かぜ(急性鼻炎)をひいたあと、ドロッとした黄色い鼻汁が出るのは急性鼻副鼻腔炎(ちくのう症)に進んでしまった可能性があります。

炎症がひどいときには頭痛がしたり、ほほや目のまわりが痛くなったり、鼻汁に血が混じったりすることもあります。子どもの副鼻腔炎で慢性になると、いつもぐずぐずして、鼻づまりで口を開けていることが多くなり、なかなか治りません。また長引く咳の原因としても考えられます。アレルギー性鼻炎、喘息とその前段階ともいえる咳喘息なども長引く席の原因といわれます。

特に子どもの鼻副鼻腔炎では夜間に痰の絡んだ咳がつづくことが特徴の1つです。

赤ちゃんは鼻づまりがあるととても苦しがります。ミルクを飲めなくなり、眠れないため機嫌が悪くなってしまいます。

当院では外来通院で鼻の粘膜のはれを引かせて、たまった鼻汁を吸引して取るという治療を続けます。出来る範囲で鼻汁を除去していきます。

正しい鼻のかみかた

鼻は強くかみすぎないこと、片方ずつそっとかむことです。鼻を片方ずつ押さえ、ゆっくり、小刻みに、空気を押し出す感じでかむことです。

反対に、強く力任せに、左右一度にかんだり、逆に鼻をすするのは中耳炎になりやすいのでやめましょう。

アレルギー性鼻炎

かぜ症状でもないのに、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりが続くのが特徴です。耳鼻科医が鼻の粘膜を見ればそれだけでほぼ診断できます。鼻汁中好酸球の検査などが行われることもあります。血液検査も必要となります。ハウスダストやダニが原因になることが多く、最近ではスギ花粉が原因のアレルギー性鼻炎(スギ花粉症)が子どもでも増えてきました。原因物質から離れるのが良いのですが現実には不可能ですから、症状を軽くするために飲み薬や点鼻薬などを使います。